「Virtualization」タグアーカイブ

Hyper-V 上の CentOS のネットワーク アダプターを変更

前回の記事で、Hyper-V 上の CentOS に Linux 統合サービス (Linux Integration Services) をインストールした。
折角なので、CentOS が使うネットワークアダプターを Linux 統合サービス (Linux Integration Services) の準仮想化ドライバーが使えるものに変更する。

続きを読む Hyper-V 上の CentOS のネットワーク アダプターを変更

Hyper-V 上の CentOS 5.5 に統合サービスをインストール

前回の記事で、Hyper-V の仮想マシンに CentOS 5.5 をインストールした。 今回はその CentOS に Linux 統合サービス (Linux Integration  Services) をインストールする。 CentOS に Linux 統合サービス (Linux Integration Services) をインストールすると、以下のようなメリットが得られる。

  • ホスト OS との時刻同期
  • 準仮想化されたネットワーク とストレージのドライバー
  • Hyper-V マネージャーからのシャットダウン
  • ゲスト OS の死活監視 (heartbeet)
  • ゲスト OS への SMP (Symmetric Muliti-Proccessing) の提供 (Windows Server 2008 Hyper-V や Hyper-V Server 2008 の上の 32bit OS は対象外)

特にホスト OS との時刻同期は、遅れがちなゲスト OS の時計のことを考えれば大変ありがたいことだ。 準仮想化ドライバーの存在も CPU への負荷や処理速度のことを考えれば、欠かせないメリットと言えるだろう。 続きを読む Hyper-V 上の CentOS 5.5 に統合サービスをインストール

Hyper-V の仮想マシンに CentOS 5.6 をインストール

Microsoft が Hyper-V 上での CentOS の動作のサポートを 5 月 15日に発表した。 Hyper-V が提供する仮想マシンはかなりよくできているため、正式にサポートされていなくても Linux のデストリビューションならほとんど問題無く動作する。 動作するとは言っても完全仮想化環境下の動作になるため、パフォーマンス的には若干の劣るものになる。 公式サポートとは準仮想化ドライバー、つまり統合サービス (Linux Integration Services) が正式に提供されると言うことだ。 この統合サービス (Linux Integration Services) を使うことで、がそれを使わないときに比べて、より安定的かつより高いパフォーマンスでゲスト OS が動作するようになる。 さっそく Hyper−V に CentOS をインストールして、正式サポートになった統合サービス (Linux Integration Services)を入れてみることにしよう。 まずは元になる CentOS をインストールするところから。 続きを読む Hyper-V の仮想マシンに CentOS 5.6 をインストール

ubuntu のインストール直後の調整 (その 1)

[SSH での接続と不要パッケージの削除]

ここまで 3 回に渡り Hyper-V の仮想マシンを作成して、そこに ubuntu 10.04 LTS Server Edition 64bit 版をインストールするまでを書いた。
しかしこれだけでは単に ubuntu をインストールしただけ、経験値が増えこそすれど、それ以外には何の役にも立たない。

ということで、インストールした ubuntu の細かな調整と必要なパッケージのインストール、設定を行っていく。
まずはインストールした ubuntu に SSH で接続する (SSH クライアントには Tera Term を使う。)

TeraTerm を立ち上げたら、ubuntu をインストールしたときに入力したホスト名に DHCP サーバーで配布しているドメイン名を追加して SSH で接続する。

続きを読む ubuntu のインストール直後の調整 (その 1)