「StartSSL」タグアーカイブ

StartSSL からインストールされた個人証明書をバックアップ (Firefox)

Web サイトを HTTPS 対応にするための電子証明書を発行するつもりで、前の記事で StartSSL にユーザー登録したことを書いた。
StartSSLへのユーザー登録の途中で、使用している Web ブラウザーに自分のメール アドレスが記された電子証明書がインストールされた。
StartSSL のユーザー認証、つまりログインはこの Web ブラウザーにインストールされた証明書で行われる。
このため、ブラウザーをアンインストールしてからインストールし直すなどで、証明書を紛失してしまうと StartSSL にログインできなくなる。

それを防ぐために、Web ブラウザーにインストールされた電子証明書をバックアップしておく。

前の記事では IE10 のときの電子証明書のバックアップ手順を書いた。
ここでは Firefox でのバックアップ手順を書くことにする。

続きを読む StartSSL からインストールされた個人証明書をバックアップ (Firefox)

StartSSL からインストールされた個人証明書をバックアップ (IE10)

Web サイトを HTTPS 対応にするための電子証明書を発行するつもりで、前の記事で StartSSL にユーザー登録したことを書いた。
StartSSLへのユーザー登録の途中で、使用している Web ブラウザーに自分のメール アドレスが記された電子証明書がインストールされた。
StartSSL のユーザー認証、つまりログインはこの Web ブラウザーにインストールされた証明書で行われる。
このため、ブラウザーをアンインストールしてからインストールし直すなどで、証明書を紛失してしまうと StartSSL にログインできなくなる。

それを防ぐために、Web ブラウザーにインストールされた電子証明書をバックアップしておく。

続きを読む StartSSL からインストールされた個人証明書をバックアップ (IE10)

HTTPS を使うための電子証明書取得の前準備 (StartSSL へのユーザー登録)

無料の電子証明書を発行してくれることで有名な StartSSL で電子証明書を取得してみる。
とはいっても、無料で取得できるのは所有者の電子メールの正当性だけしか保証されないクラス 1 の証明書だけだ。
また、有効期限は 1 年間なので、使い始めたら毎年更新する手間が生じるようになる。
VeriSign のような高価な電子証明書でも必ず有効期限があるので、長くても数年ごとには更新しなくてなならないので、この程度で無料になるなら大した手間とは言えないだろう。

ところで、何のために電子証明書を取得するかというと、当たり前すぎる理由だが Web サイトを HTTPS に対応させることを考えているからだ。

続きを読む HTTPS を使うための電子証明書取得の前準備 (StartSSL へのユーザー登録)