「PHP」タグアーカイブ

WordPress の高速化 – その2 (WP Super Cache の導入)

前回の記事では PHP に XCache を導入した。
XCache を単純に入れただけでは PHP のコードをキャッシュする機能だけしか働かない。
しかし、PHP で作られたアプリケーションの中には、本来ならファイルやデータベースに保存する値を、ファイルやデータベースではなく XCache に保存するようにすることで高速化が図れるものが存在する。

WordPress も各種の設定や記事などをデータベースに保存している。
これらの一部を XCache に保存させられるようにするプラグインが、どうも在るらしい。 
具体的には「Download XCache for WordPress」や「XCache Object Cache Plugin for WordPress 2.5+」などが、それに該当するらしい。

しかし、通常のプラグインとは異なり WordPress 本体のファイルに手を加えなくてはならないようで、若干難易度が高くなるのと、WordPress のアップデートの都度、本体のファイルを修正しなくてはならなくなる。

そこで、XCache とは別の手法で WordPress の高速化を模索する。

その方法は、WordPress がアクセスされる度に毎回生成する HTML を、一度作成したらそれをそのまま保存しておき、二度目以降のアクセスの際に再利用するというものだ。
この手法をコンテンツキャッシュと呼び、これを実現するプラグインでは「WP Super Cache」が有名だろう。

続きを読む WordPress の高速化 – その2 (WP Super Cache の導入)

WordPress の高速化 – その1 (XCache の導入)

PHP で書かれた Web ページを手軽に高速化する方法に、PHP アクセラレーターというものがある。 
いくつもの種類の PHP アクセラレーターがあり、複数を組み合わせて使用することもできるらしい。
今回はこれらの PHP アクセラレーターの内の XCache というものをインストールする。

実際のところ当サイト自体が、決して快適に閲覧できるとは言い難いものがあるので、XCache を入れることで少しでも改善したいという思惑がある。

XCache は公式 Web サイト (英文) から入手できる。

続きを読む WordPress の高速化 – その1 (XCache の導入)

WordPress 3.1.2-ja

当サイトの WordPress が、2010 年 2 月に 2.9.2-ja にアップ グレードしたの最後に、一年以上の長きに亘りそのままになってしまっていた。
その間に 3.0 (WordPres の Web サイトによるリリース ページ) から始まり、3.0.1 (リリース ページ)、3.0.2 (リリース ページ)、3.0.3 (リリース ページ)、3.0.4 (リリース ページ)、3,0.5 (リリース ページ)、3.1 (リリース ページ)、3.1.1 (リリース ページ)、そして 3.1.2 (リリース ページ) に至るまでの、マイナー バージョン アップ含むを九つのバージョンがリリースされた。

しかも、その途中で WordPress 3.2 からは PHP4 および MySQL4 のサポートが打ち切られる旨の発表まである始末だ。

続きを読む WordPress 3.1.2-ja

ubuntu 10.04 をメールサーバーに (PostfixAdmin 設定編)

先日の記事で ubuntu 10.04 LTS Server Edition に、PostfixAdmin とそれを動かすのに必要なパッケージをインストールした。
しかしまだ単にインストールしただけなので、このままではまともに動かすことはできない。
引き続き PostfixAdmin を動かすための設定を行っていく。

続きを読む ubuntu 10.04 をメールサーバーに (PostfixAdmin 設定編)