「Linux Integration Services」タグアーカイブ

Hyper-V 上の CentOS でマウス統合も

Hyper-V のゲスト OS のサポートに CentOS が追加されたのを機に、CentOS に Linux 統合サービス (Linux Integration Services) をインストールしてみたことを前々回の記事で書いた。
準仮想ドライバーが使えるようになり、ネットワークなどのパフォーマンスが上がったことや、Hyper-V マネージャーからシャットダウンができるようになったことも嬉しいが、何よりも時計のずれがほとんど無くなったことが大変に喜ばしい。

しかし残念 (?) なことに Linux 統合サービス (Linux Integration Services) では、Hyper-V マネージャーのゲスト コンソールとその外部の間の、シームレスなマウス カーソルの移動がサポートされていない。
Linux 統合サービス (Linux Integration Services) に添付の‘Linux Integration Services v2.1 Read Me.pdf’ファイルによると、、Citrix Project Satori で提供されている inputvsc を使うと、これが実現できるらしい。

続きを読む Hyper-V 上の CentOS でマウス統合も

Hyper-V 上の CentOS のネットワーク アダプターを変更

前回の記事で、Hyper-V 上の CentOS に Linux 統合サービス (Linux Integration Services) をインストールした。
折角なので、CentOS が使うネットワークアダプターを Linux 統合サービス (Linux Integration Services) の準仮想化ドライバーが使えるものに変更する。

続きを読む Hyper-V 上の CentOS のネットワーク アダプターを変更

Hyper-V 上の CentOS 5.5 に統合サービスをインストール

前回の記事で、Hyper-V の仮想マシンに CentOS 5.5 をインストールした。 今回はその CentOS に Linux 統合サービス (Linux Integration  Services) をインストールする。 CentOS に Linux 統合サービス (Linux Integration Services) をインストールすると、以下のようなメリットが得られる。

  • ホスト OS との時刻同期
  • 準仮想化されたネットワーク とストレージのドライバー
  • Hyper-V マネージャーからのシャットダウン
  • ゲスト OS の死活監視 (heartbeet)
  • ゲスト OS への SMP (Symmetric Muliti-Proccessing) の提供 (Windows Server 2008 Hyper-V や Hyper-V Server 2008 の上の 32bit OS は対象外)

特にホスト OS との時刻同期は、遅れがちなゲスト OS の時計のことを考えれば大変ありがたいことだ。 準仮想化ドライバーの存在も CPU への負荷や処理速度のことを考えれば、欠かせないメリットと言えるだろう。 続きを読む Hyper-V 上の CentOS 5.5 に統合サービスをインストール

Hyper-V の仮想マシンに CentOS 5.6 をインストール

Microsoft が Hyper-V 上での CentOS の動作のサポートを 5 月 15日に発表した。 Hyper-V が提供する仮想マシンはかなりよくできているため、正式にサポートされていなくても Linux のデストリビューションならほとんど問題無く動作する。 動作するとは言っても完全仮想化環境下の動作になるため、パフォーマンス的には若干の劣るものになる。 公式サポートとは準仮想化ドライバー、つまり統合サービス (Linux Integration Services) が正式に提供されると言うことだ。 この統合サービス (Linux Integration Services) を使うことで、がそれを使わないときに比べて、より安定的かつより高いパフォーマンスでゲスト OS が動作するようになる。 さっそく Hyper−V に CentOS をインストールして、正式サポートになった統合サービス (Linux Integration Services)を入れてみることにしよう。 まずは元になる CentOS をインストールするところから。 続きを読む Hyper-V の仮想マシンに CentOS 5.6 をインストール