「Dovecot」タグアーカイブ

CentOS 5.6 をメール サーバーに (MySQL Server のインストール)

CentOS 5.6 に Postfix + Dovecot + PostfixAdmin の環境を構築するため、まずはこれら三つのパッケージで共通に使う MySQL サーバーをインストール、設定しよう。

続きを読む CentOS 5.6 をメール サーバーに (MySQL Server のインストール)

CentOS 5.6 をメール サーバーに (序説)

これまでに何度も Postfix + Dovecot + PostfixAdmin の環境を構築している。
もっとも ubuntu や Debian GNU/Linux の上でのことでだ。

今回は CentOS 5.6 で同様な環境を構築してみたので、その記録を何回かに分けて掲載する。

続きを読む CentOS 5.6 をメール サーバーに (序説)

ubuntu 10.04 をメール サーバーに (SMTPS、POP3S、IMAP4S の設定)

先の記事では SMTPS、POP3S、IMAP4S といった、SSL による通信路の暗号化で使う公開鍵と秘密鍵が、Postfix (正確には Postfix が依存している ssl-cert パッケージ) や Dovecot をインストールすると同時に、必要な公開鍵と秘密鍵が作成されることを書いた。
また、ホスト名を変更したときなど、必用に応じてこれらの公開鍵、秘密鍵を作り直す必要があることも先の記事で書いた。

実際にその公開鍵や秘密鍵を、Postfix や Dovecot にどのように設定して、SMTPS や POP3S、IMAP4S を有効にすればいいのだろうか。

続きを読む ubuntu 10.04 をメール サーバーに (SMTPS、POP3S、IMAP4S の設定)

ubuntu 10.04 をメール サーバーに (SMTPS、POP3S、IMAP4S の準備 [電子証明書])

昨年の 7 月から半年以上に渡って (途中 4 ヶ月ほど放置プレーがあったが) Postfix を基盤にメールサーバーの整備の記録を綴ってきた。
それもこれでようやく最終章になる... だろう。
実はもう少し追加したい機能もあるのだが、ひとまずはここまでだろう。

最後に設定する機能は、SSL を使った通信路の暗号化だ。

続きを読む ubuntu 10.04 をメール サーバーに (SMTPS、POP3S、IMAP4S の準備 [電子証明書])

ubuntu 10.04 をメールサーバーに (Postfix で SMTP 認証)

Postfix と PostfixAdmin の連携」で書いたように、ubuntu 10.04 LTS Server Editon にインストールした Postfix を、外部からのメールを受信して保存できるように設定した。
また、外部宛てのメールの配送もできるようにした。
しかし外部に宛ててメールを送ることができるのは、メールサーバー自身から送信した場合に限られる。
これは Postfix の規定の動作がそうなっているからが、実際に運用する際にこのままでは不便なことこの上ない。
そこで Postfix を SMTP 認証に対応させることで、SMTP 認証で承認された PC からの接続であれば、どこ宛てのメールでも受け取れるようにする。

続きを読む ubuntu 10.04 をメールサーバーに (Postfix で SMTP 認証)