「DKIM」タグアーカイブ

ubuntu 10.04 をメールサーバーに (DKIM 署名を付加)

先の記事では、dkim-filter をインストールして Postfix で DKIM 署名の検証ができるようにした。
ここでは更に進めて、このメールサーバーから送信するメールに DKIM 署名を付けるようにしよう。

繰り返しになるが先の記事中で、 sudo aptitude update; sudo aptitude install dkim-filter コマンドを実行して dkim-filter をインストールし、Postfix の設定ファイル mail.cf の smtpd_milters と non_smtpd_milters の二つのエントリに、dkim-filter のソケット 'inet:localhsot:8891' を追加ししてある。

続きを読む ubuntu 10.04 をメールサーバーに (DKIM 署名を付加)

ubuntu 10.04 をメールサーバーに (DKIM 署名の検証)

送信するメールへの DKIM の署名と、受信したメールに付けられた DKIM の署名の検証には dkim-filter を使う。

dkim-filter は「ubuntu 10.04 をメールサーバーに (ウィルスチェック)」の記事で紹介した milter というシステムを使って、メールサーバーに DKIM の署名と検証の機能を付加する。
dkim-filter と似た名前の dkim-milter というものもあるようだが、どう違うのかは一切知らない。
ubuntu 10.04 の公式なリポジトリには dkim-filter しかないので、これを使うことにしたまでだ。

続きを読む ubuntu 10.04 をメールサーバーに (DKIM 署名の検証)

ubuntu 10.04 をメールサーバーに (序説)

6 月 1 日からサーバーのアップグレードに関する記事を書き始め、悠に一ヶ月が経った。
実際には 6 月 1 日の記事から 2 週間ほど試行錯誤をした後に、既にリプレースを完了している。
6 月 17 日から綴った記事は、リプレース完了後に手順を纏め直したものだ。

アップグレードに際しては、現在稼働しているものとは別に新たなサーバーを用意し、これに新しい OS (今回は ubuntu 10.04) をインストールする方法を採った。
用意した新たなサーバーは、Microsoft の Hyper-V Server の上で動く仮想マシンだ。
Hyper-V で仮想マシンを作成するところから、ubuntu のインストールまでについては、以下の七つの記事に書いたとおりだ。

ここからは、この七つの記事の手順で作成した新たなサーバーを基にして、とりあえずローカル用に設定してある Postfix を、実用に足るメールサーバーに仕立てていく。

続きを読む ubuntu 10.04 をメールサーバーに (序説)