「digital-certificate」タグアーカイブ

Web サイトを HTTPS にしてみた

前回の記事で、この Web サイトのサーバー証明書を StartSSL で取得する手順を書いた。
この記事ではそれに引き続くかたちで、Web サイトを HTTPS 対応にした手順を控えておく。

Web サーバー アプリケーションの種類、それを動かしている OS、デストリビューションによって、設定の方法、設定ファイルの位置など少しずつが異なる。
ここでは ubuntu 12.04 上で動かしている apache2 で HTTPS の設定をした。

続きを読む Web サイトを HTTPS にしてみた

HTTPS を使うためのサーバー証明書を取得した

あれから 1 年以上経ってようやく重い腰を上げた。

何かと言うと、表題の通りサーバー証明書を取得して Web サイトを HTTPS に対応させるためだ。
当ブログ程度の内容ならわざわざ HTTPS 対応なんて手間をかけるほどでもないのだが、別の (非公開の) サイトのアクセス制限にクライアント認証を使うことにしたついでだったりする。

HTTPS に必要なサーバー証明書は StartSSL で取得したので、ここにそのときの手順を控えておく。

アーミーナイフ
続きを読む HTTPS を使うためのサーバー証明書を取得した

StartSSL で発行した証明書を更新

StartSSL から電子証明書を更新しろというメールが届いた。
以前に StartSSL で発行した電子証明書を確認すると、確かに有効期限まで後 2 週間ほどになっている。
この電子証明書は、「HTTPS を使うための電子証明書取得の前準備 (StartSSL へのユーザー登録)」を書く少し前に取得したものだ。
この記事で「Web サイトを HTTPS に対応させるため」とか書いたが、電子メール アドレスの正当性の証明書 (個人証明書) を取得しただけで、Web サイトの HTTPS 対応はほったらかしになっている気がする。

本来なら、個人証明書の更新案内と、Web サイトの正当性の証明書 (サーバー証明書) の更新案内がそれぞれの有効期限の 2 週間程度前に個別に届くらしい。
しかしながら、HTTPS 対応をほうったらかしにしている筆者の手元に届くのは、個人証明書の更新案内だけだ。

そうは言うものの、電子メールに S/MIME 署名を付けて送信するためにこの証明書を使っているため、更新せざるをえない。

続きを読む StartSSL で発行した証明書を更新