ホスト OS のインストール (その1) [Install Maniax 3]

人より遅れてスタートしたインストールマニアックス。
ようやく梱包を解きサーバー PC を設置した。

といっても、とりあえずの仮置きの状態だ。
今回のインストールマニアックスでは、Hyper-V を使い、Windows Web Server 2008 R2 をゲスト OS として動かすことが条件になっている。
そこでまず、ホスト OS をインストールしてこれをネットワーク越しにリモート操作できるようにする。
然る後にきちんと設置し直し、今度はリモート操作で Windows Web Server 2008 R2 をゲスト OS としてインストールする予定だ。

ところで Hyper-V の使用がインストールマニアックス 3 の参加条件だが、事務局から送ってきた OS は Windows Web Server 2008 R2 一種類のみ。
Microsoft の Web サイトで公開されている「Windows Server 2008 R2 エディションの違い(当時の Web ページは消滅。レイアウトは崩れるが Web アーカイブに痕跡あり) を見ると、Windows Web Server 2008 R2 では Hyper-V が使えない事になっている。

うーん、弩初っ端から難関にぶち当たるとは、何ということか。
とりあえず事務局に問い合わせてみようと、事務局からのメールを漁り、メールに書かれていた公式サイトの URL を開いてみる。
…と、なにやら「公式ルール云々」と書かれた一行が目に入った。

「公式ルール」の文字はリンクになっている。
そこでそのリンクを開いて、熟読すること暫し。

そこには、「マイクロソフトより無償ダウンロード提供されているMicrosoft Hyper-V Server 2008 R2 (以降、Hyper-V Server) をインストールし」の一文が。

あぁ、そういうことか。
つまり、送られてきた Windows Web Server 2008 R2 ではなく、Hyper-V Server 2008 R2 を使ってホスト OS を構築しろということだったのだ。
これで一つ難関をクリアしたぞ。

コメントを残す