Compnet

仕事とか遊びとか、日々折々

2019-06-09(日)

Pyramid のお勉強 [序: Cookiecutters で手軽にプロジェクトを立ち上げよう]

Posted by Nakane, R. in Tecnical   

前の記事で Pyramid の Quick Tutorial を自習するための Pytheon の仮想環境を用意しました。 まとまった時間が中々取れないので途中何日も空くことになるかもしれませんが、少しずつでもチュートリアルを進めていこうと思っています。

最初は Prelude のセクション「Quick Project Startup with Cookiecutters」です。

Read more...


2019-05-18(土)

Pyramid のお勉強

Posted by Nakane, R. in technical   

Web サービスを自分でも作れるようにと Pyramid を勉強することにしました。 この Pyramid はいうまでもないことですがエジプトにある石積みの建造物ではありません。 Python で作られた Web フレームワークを指しています。 あまたある Web フレームワークの中から Pyramid を選んだのは、単純に筆者の趣味でそれ以外の意味はありません。 ということでしばらくは、Pyramid のドキュメント サイトにある Quick Tutorial を進めつつ、自身の学習のまとめとして気付いた点を書いていこうと思います。

まずは Quick Tutorial の Contents の最初の Requirements セクションから始めます。

Read more...


2019-05-09(木)

ついでに FTPs (明示的な TLS) 化

Posted by Nakane, R. in technical   

前の記事で今更事に FTP サーバーを構築しました。 そのついでといってはなんですが、TLS 化を施しました。

TLS 化には「明示的 TLS」と「暗黙的 TLS」の二通りがあり、たいていの場合はその両方を実現するのが普通です。 「明示的 TLS」は平文で通信を開始してその通信の中でアプリケーションのコマンド (たいていは STARTTLS コマンド、FTP では AUTH TLS コマンド) を実行することで TLS を使った暗号通信に切り替える方法です。 「明示的 TLS」では暗号化されていない平文で通信を開始することもあり、アプリケーションが使う通信ポートは TLS 化していない通信と同じものが使えます。 TLS 化していない通信ポート (FTP では TCP の 21 番ポート) で通信を開始して、切り替えるコマンドが実行されればそれ以降を TLS で暗号化し、切り替えるコマンドが実行されない限りはずっと平文のままで通信を続けます。

これに対して「暗示的 TLS」では最初から TLS を使った暗号通信を行います。 ただしこの場合は平文と同じ通信ポートが使えません。 FTP の「暗示的 TLS」では通常 TCP の 990 番ポートを使います。

今回使用した Pure-FTPd では「明示的 TLS」だけしか実現できません。 Pure-FPTd の TLS 対応はプログラムをコンパイルするときのスイッチで切り替わり、Debian の標準リポジトリで提供されている Pure-FTPd では TLS に関して --with-tls スイッチだけが指定されています。 これによって Pure-FTPd で「明示的 TLS」が使用可能になりますが、このスイッチだけでは「暗示的 TLS」は使えるようにはなりません。 「暗示的 TLS」を使用可能にするには --with-implicittls スイッチを付けてコンパイルする必要がありますが、Debian の標準リポジトリで提供されている Pure-FTPd はそのようにはなっていません。

どうしてもというのであれば、Debian の標準リポジトリからインストールした Pure-FTPd とは別に --with-implicittls スイッチを付けてソース コードから Pure-FTPd をコンパイルして、これら二つのプロセスを起動すれば、何とかできるでしょう。 ここまでして TLS 化をするつもりにはなれないので、ここでは「明示的 TLS」だけが使えるようにします。

Read more...


2019-05-03(金)

今さらだけど FTP サーバーを立てた

Posted by Nakane, R. in technical   

今更感が半端ないですが FTP サーバーを欲しいとの要望があったので、自身の記録がてら構築手順をここにまとめます。 ベースの OS は Debian 8 jessie です。 いつもの Ubuntu でなかったり、現状最新の stretch でなかったりする点については、詳しくは語れない大人の事情をお察しください。

FTP サーバー アプリケーションには Pure-FTPd を使います。 これの選定にあたっては、以下の条件を満たすように考慮しました。

  • FTP でログインするユーザーはシステム ユーザーとは別に管理する (仮想ユーザーだけにログインさせる)。
  • FTP でログインしたユーザー毎にホーム ディレクトリを指定し、そのディレクトリの親ディレクトリを参照させない (ホーム ディレクトリに chroot する)。
  • 設定手順を再現しやすい。

Pure-FTPd 以外にも ProFTPDvsftpd といった FTP サーバー アプリケーションがあり、それぞれ日本語での情報を散見しますが、設定変更をスクリプト化しにくかったり仮想ユーザーの登録・管理が面倒だったりで見送りました。

Read more...


2019-01-13(日)

Firefox のロケーション バーと検索バーを新しいタブで開かせる

Posted by Nakane, R. in technical   

常用の PC を新しくした際に Web ブラウザーの設定も移したはずが、全部はできていなかったのでどうすれば思うように設定できるかを調べていたら、ついでに今まで我慢していた箇所もなんとかなることが分かったのでメモしておきます。

使っている Web ブラウザーは Mozilla Firefox です。 今まで我慢していたのは、ロケーション バーと検索ボックスで Enter を押したときに現在のタブに結果が表示されることです。 自分の使い方では、今見ているページをそのままに別のページをいくつも表示して順番に読んでいくとか、今見ているページで気になった項目を追加で検索するといったことが多々あります。 このときに、Enter で今のページを上書き更新されないように Alt+Enter を押すのは、ホンの一手間とはいえ毎度のことになるためとても負担が大きな作業です。 Alt キーが決して押しやすい位置にないことも不満を募らせる一因です。

Read more...